Jimutenコラム | 医療事務へ転職をお考えの方は、医療事務専門の求人情報サイト<Jimuten>にお任せ下さい!

医療事務専門求人情報サイト JIMUTEN
  • 03-6826-1302
  • 医療事務員をお探しの方はこちら

Jimutenコラム

2018年05月29日 [Default]

規則正しいペースで働きやすい! 眼科での医療事務の仕事

規則正しいペースで働きやすい! 眼科での医療事務の仕事

医療事務の仕事をしようと考えたとき、診療科にも注目すると思います。どんな診療科のクリニックなのかによって医療事務スタッフに求められることも変わってくるもの。今回は、眼科での医療事務の仕事の特徴ややりがいなどについてお伝えします。

眼科ってどんな診療科?



眼科は目、つまり眼球と周辺組織にまつわる病気や異常の診療をおこなう診療科です。目の疾患の検査や治療はもちろん、近視や老眼の検査や治療、メガネやコンタクトレンズの作成にあたっての検査などもおこないます。
眼科のクリニックは、手術や入院設備のない小規模なクリニックが多いですが、日帰りで手術をおこなっているクリニックもあります。

眼科での医療事務が忙しいシーズンは?



眼科は緊急を要する患者さんが少なく、手術後の経過なども想定から大きく外れることがあまりありません。このため、眼科での診療は予約などのスケジュールに沿って進むことが多く、比較的落ち着いて仕事がしやすいのが特徴です。

眼科に来院患者さんが増えるのは、新年度が始まる4月から6月頃です。この時期は、学校での視力検査の結果を受けてメガネやコンタクトを作成する人が多く、そのために眼科を訪れる方が増えるのです。また、この時期はカモガヤ花粉によるアレルギー性結膜炎で眼科を受診する方も見られます。

学校が夏休みになる7月から8月にかけても、眼科が比較的忙しいシーズンです。この時期は、プールでウイルス性結膜炎に感染した患者さんや、夏休みを利用してコンタクトを作成・使用したいという患者さんが多いです。

これ以外のシーズンは、年末に多少忙しくなるぐらいで、比較的落ち着いた状況が続く眼科クリニックが多いでしょう。

眼科での医療事務の仕事


眼科での医療事務の仕事

受付や会計業務、クラーク業務、レセプト業務といった医療事務の仕事内容自体は、基本的にどの診療科も大きく変わりません。

クリニックでは簡単な診療補助も医療事務スタッフの役割となっている場合がありますが、眼科ならではの診療行為として、視力検査を任される場合があります。クリニックによっては、医療事務スタッフがコンタクトレンズの販売をおこなうことも。このため、メガネ屋さんでスタッフとして働いていたなどの経験がある人は、眼科の医療事務スタッフとしてアピールできる強みになります。

先述の通り、眼科の診療では命に関わるような場面や、緊急を要する場面が少ないという特徴があります。医療関連の仕事の中では、心理的な負担が比較的小さい診療科であると言えるでしょう。また、緊急対応などが少ないため、長時間の残業などが少ないのもメリット。子育て中など、自分のペースを守って働きたい人に向いている仕事です。


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • PageTop

    医療事務専門求人情報サイト JIMUTEN
    • 03-6826-1302
    • お問合せご質問はこちら
    • プライバシーマーク
    医療機関の方はこちら