Jimutenコラム | 医療事務&調剤事務の求人探し・転職をお考えの方は<Jimuten>にお任せ下さい!

医療事務・調剤事務専門求人 JIMUTEN

Jimutenコラム

2021年09月12日 [コラム]

資格なしでも医療事務の仕事を始めることは可能?

資格なしでも医療事務の仕事を始めることは可能?

医療事務は医療系のお仕事の中でも「資格なしでも挑戦できる」として比較的トライしやすいといわれています。ただ、本当に資格なしでも採用されるものなのでしょうか?
ここでは資格なしでも医療事務の仕事に就けるのか、その実情についてご紹介します。加えて、資格の有無による有利・不利などについてもチェックしてみましょう。

医療事務は資格なしでも挑戦できる?


医療機関で働く仕事のうち、医療事務には国家資格が必要ありません。そのため採用者が求める条件さえクリアしていれば、資格なしの方や未経験の方でも働き始めることができます。そのため医療事務は、他業種からの転職や子育てなどでブランク明けの方にも人気がある仕事なのです。

仮に資格なしで応募して採用された場合は、勤務の中で受付業務や医療保険の計算・請求業務といった事務手続きについて学んでいきます。また、医療機関と患者さんの窓口として受付・案内業務も担当しますので、接遇やマナーなどのスキルも身に着けていく必要があります。

資格なしで医療事務の仕事を始めることができた場合は、向上心を持って業務に臨むのが大切です。最初はうまくいかないこともあるかもしれません。しかし職場の方に協力してもらいながら業務を覚えたり、自分で勉強したりしながら少しずつスキルアップすれば、職場に貢献できる人材へと成長できるはずです。

資格があるほうが有利? 医療事務の資格について


医療事務の仕事は資格なしでも応募ができるのが魅力です。しかし、全ての求人が「資格なし」でも応募できるわけではありません。たとえば大規模病院などの人員数にゆとりがある医療機関では、資格なしや未経験であっても採用される確率が高いかもしれません。いっぽう、少人数で仕事をまわしている職場などの場合は、即戦力として活躍してくれる人材を求める傾向が強く見られます。

このような即戦力・スキル重視の職場に資格なしで応募をしても、採用される可能性は低くなってしまいます。どうしてもチャンスをつかみたいのであれば、資格を取得して知識・スキルがあることをアピールするのが最善策となります。

医療事務の資格にはどのようなものがある?


医療事務の資格はすべて民間資格となっていて、実にさまざまな種類があります。以下はその一例です。

・メディカルクラーク(医科、歯科)
・診療報酬請求事務能力認定試験(医科、歯科)
・医療事務管理士(医科、歯科)
・医療事務認定実務者
・医療事務検定試験
・医療事務技能認定試験
・医療事務管理士技能認定試験

合格までの難易度は資格によっても変わります。また、「医療事務認定実務者」「医療事務管理士技能認定試験」など一部の試験は在宅で受験することも可能です。子育てや介護、お仕事などでスケジュール調整が難しい方でも、こうした制度を利用すれば資格取得を目指しやすいですね。

医療事務に応募するなら資格取得も検討してみよう



資格なしでも医療事務の仕事を始めることは可能?

医療事務の求人には、資格なしの人や未経験の人でも応募できる求人が定期的に募集されています。しかし応募のハードルが低い求人には多くの求職者が集まりやすく、競争率もアップしやすいデメリットがあります。
「採用率を上げたい」という人は、医療事務の資格取得を視野に入れてみるのもひとつの戦略です。仕事探しと並行して、資格取得を目指してみてはいかがでしょうか? 資格を得るために学んだ知識は実際の業務にも役立てられるので、損はありませんよ。
  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop

医療事務・調剤事務専門求人 JIMUTEN
  • 03-6821-5517
  • お問合せご質問はこちら
  • プライバシーマーク
医療機関の方はこちら