Jimutenコラム | 医療事務&調剤事務の求人探し・転職をお考えの方は<Jimuten>にお任せ下さい!

医療事務・調剤事務専門求人 JIMUTEN

Jimutenコラム

2021年10月18日 [コラム]

忙しい人必見! 資格勉強の効率アップ術4つ

忙しい人必見! 資格勉強の効率アップ術4つ

お仕事や家事・育児をこなしながら資格の勉強をするのは、なかなか大変なものです。だからといって、資格取得は諦めたくないですよね。ここではそんな人のために、少ない時間でも効率的に仕事するためのポイントを4つご紹介します。

忙しい人が資格の勉強を続けるコツとは?


忙しい人が勉強を続けるには、ちょっとした「スキマ時間」の活用が重要です。たとえば通勤などの移動時間、休憩時間、子どもが寝たあとの夜などスキマ時間に勉強をする習慣を付ければ、1日1時間〜2時間くらいは勉強時間が取れるのではないでしょうか。
また、勉強時間そのものを余裕のある時間帯にしたり、勉強の進め方を工夫したりするのもポイントです。

忙しい人向けの勉強方法@:スキマ時間でリスニング


わずかなスキマ時間には、テキストを音読して録音したものを聴く「リスニング」がおすすめ。特にリスニングは、テキストをセクションごとにスマホへ録音し、繰り返し聴くだけと手軽です。耳から情報を聴くことで脳が活性化されるうえ、繰り返し聴くことで自然と内容を覚えられますよ。

忙しい人向けの勉強方法A:朝勉


「帰ってきてからは忙しいから難しい」という人は、「朝勉」を試してみてはいかがでしょうか。朝起きてすぐの時間帯は、脳がクリアに整理されている“勉強のゴールデンタイム”。集中力もアップしやすいので、記述問題などの思考が必要な問題を解いたり、まとめノートを作ったりするとよいですよ。
いきなり早起きするのが辛い人は、少しずつ起きる時間を早めていくと成功しやすいので、試してみてくださいね。

忙しい人向けの勉強方法B:一点突破で確実に知識を身に着ける


時間がない人は勉強を一気に進めるより、何かを一点突破する気持ちで進めた方が、結果的に効果も高くなります。まずは過去問などを利用して1つの分野を完璧にしましょう。これを繰り返しおこなったら、全体のテストをして忘れていたところをあぶりだすのです。そのあと、抜けているところや不完全なところを補完するように復習すれば、結果的に時間を無駄なく使えますよ。

もっと資格の勉強がしたい人は“システム作り”を!


忙しくてなかなか資格勉強に気持ちが向かわない人は、勉強をする環境を整えて習慣化してしまうのもおすすめです。たとえば「勉強をするときは同じ机と椅子を使う」「夜寝る前に最低30分暗記をする」などが挙げられます。毎日のルーティンを決めて守るようにすれば、疲れやモチベーションに左右されにくくなります。

また、効率良く勉強するには、限りある時間を有効活用することも大切です。

忙しい人向けの勉強方法C:ポモドーロ・テクニック


「休日は時間が取れるから勉強したいけど、長時間の勉強になると集中力が続かない」という人は、25分集中して勉強、5分休憩を繰り返す「ポモドーロ・テクニック」で勉強をしてみるのもおすすめです。

この方法は25分という短い時間でタスクを区切るため、タスク中の集中力が途切れにくいのがメリットです。また本来は4ポモドーロで1セットですが、1時間だけ勉強する場合でも2ポモドーロにすれば応用できます。時間管理の一環として、ぜひ取り入れてみてくださいね。

忙しい人も工夫して資格勉強をしてみよう!



忙しい人必見! 資格勉強の効率アップ術4つ

忙しい人でも、ひと工夫することで勉強時間が確保しやすくなります。ご紹介した方法で、時間を有効活用してみてはいかがでしょうか。
ただし、あまりにも心身が疲れているとき、やる気がどうしても出ないときは、思い切って休むことも大切。大切なのは勉強を続けることなので、くれぐれも無理のないペースで頑張ってくださいね。
  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop

医療事務・調剤事務専門求人 JIMUTEN
  • 03-6821-5517
  • お問合せご質問はこちら
  • プライバシーマーク
医療機関の方はこちら