Jimutenコラム | 医療事務&調剤事務の求人探し・転職をお考えの方は<Jimuten>にお任せ下さい!

医療事務・調剤事務専門求人 JIMUTEN

Jimutenコラム

2019年03月07日 [コラム]

医療事務に転職するにはどの時期がおすすめ?


医療事務に転職するにはどの時期がおすすめ?


医療事務への転職を考えたときに気になるのは、求人が増えるタイミングではないでしょうか。
少しでも条件のよい転職先を見つけるために、選択肢は多い方が嬉しいですよね。
医療事務の求人が多い時期や少ない時期、また転職に最適な時期について詳しくご紹介します。

医療事務の求人が多い時期


医療事務の求人は、1月から3月にかけて増える傾向があります。この期間に求人が多い理由を見てみましょう。

欠員が出やすい


正社員が退職する場合、12月のボーナスを受け取ってから辞めるケースが多く、欠員を補充するために年明けから募集をかけるようです。
また、一般企業の転勤辞令が出る3月は、夫の転勤に伴って退職する事務員が増えやすい時期でもあります。

応募者増員を見越している


新しい仕事は、4月から始めたいと考える人は少なくありません。
年度の切り替えで前職を退職しやすかったり、子どもが進学して働けるようになったりと、3月は一気に求職者が増加します。
この増加を見越して、4月から勤務開始の求人を出す病院やクリニックが一定数存在します。

医療事務の求人が少ない時期


求人が多い時期を過ぎると、今度は求人数が極端に減る傾向があります。
一度募集をかけたところは、次の退職者が現れるか、施設の拡大などで人員を増やす必要がない限りは基本的にしばらく求人を出しません。
また、毎年新卒者を採用している病院やクリニックは、4月から数ヶ月間は新人教育を行わなければならないために、中途採用を行うのは難しいようです。
4月から6月の間は、転職先の選択肢が少ない時期といえるでしょう。

医療事務の転職におすすめの時期


人間ドックなどの健康診断を中心に行っているクリニックは、1月前後に出る求人に応募するとよいでしょう。
1月や2月は患者が少ない閑散期である場合が多く、余裕を持って仕事を教えてもらえる可能性が高いです。
一般診療の病院は、冬の間は風邪やインフルエンザなどで受診数が増えて人手に余裕のないことが多いので、流行が落ち着く3月頃がおすすめです。


医療事務の転職におすすめの時期


求人数が多い時期に転職先を探すのは、選択の幅が広がるメリットがあります。しかし、ライバルも多いために競争が激しい期間ともいえます。
人気の病院やクリニックは応募が殺到して、思いどおりの転職活動ができなくなる可能性も。
医療事務の求人は年間を通して出ていますので、求人数にあまりこだわらずに転職活動を行うとよいでしょう。

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop

医療事務・調剤事務専門求人 JIMUTEN
  • 03-6826-1302
  • お問合せご質問はこちら
  • プライバシーマーク
医療機関の方はこちら