Jimutenコラム | 医療事務&調剤事務の求人探し・転職をお考えの方は<Jimuten>にお任せ下さい!

医療事務・調剤事務専門求人 JIMUTEN

Jimutenコラム

2019年07月24日 [コラム]

医療事務の求人に電話での問い合わせや応募をするときのポイントとは


医療事務の求人に電話での問い合わせや応募をするときのポイントとは

気になる企業への問い合わせや応募は、就職や転職に向けての第一歩といえます。
何事も最初が肝心なので、電話で問い合わせをするときには失敗のないよう気をつけたいですね。
「応募先の企業に電話をかけるのは緊張してしまう」という方も少なくないと思います。
そこでこの記事では、医療事務の求人に電話で問い合わせや応募するときに気をつけるべきポイントについてご紹介いたします。

応募電話をかける前の注意点


気になる求人を見つけていざ電話をかけたものの、話す内容が整理できておらず、電話口でダラダラ話してしまうということもあるものです。
電話で問い合わせをするときや応募をするときには、何を話すのかを前もって考えておくことが大切です。
企業に電話をかける前には、何について話したいのかを簡潔にメモしておきましょう。話すのがあまり得意でない人は簡単な台本を作ってから電話をするのもおすすめです。
応募電話の段階で面接は始まっていると考え、必要な内容を簡潔に話せるよう事前準備をしておきたいですね。
手元にメモを用意していれば、電話で話をしながらメモをとることもできます。

応募の電話をかけるタイミング


電話をする適切なタイミングを見極めることも大切なポイントといえます。
求人情報に電話の受付時間が記載されているのなら、必ずその時間帯にかけるようにしましょう。
電話の受付時間が記されていない場合には、クリニック側が電話を受けやすい時間を狙うようにします。
クリニックによっては、診療時間外は電話がつながらないこともあります。まずはホームページなどでクリニックの診療時間を調べましょう。
この診療時間内であれば電話OKですが、診察が始まったばかりの時間は忙しいかもしれません。
診療開始から30分〜1時間経過した頃に電話をかけるのがベターです。

応募の電話をするときのマナー


電話での問い合わせのときには、まず名前と用件を名乗るようにしましょう。「お忙しいところ失礼いたします。
○○の求人を見てお電話いたしました、○○と申します」と名乗るようにすれば好印象を与えられる上、相手に用件が伝わりやすくなります。

求人の内容に不明点や要望がある場合には、「平日の勤務ということですが○曜日にお休みをいただくことは可能でしょうか」など、応募電話の段階で確認しておきたいもの。
もしも不明点を尋ねて条件と合わないと感じた場合には「ありがとうございます。
一度検討させてください」と丁寧に伝えればOKです。条件が合えば「ぜひ面接を受けさせていただきたいと思います」と伝え、面接の日程を相談しましょう。

応募の電話をするときのマナー

緊張するとつい早口になってしまうという方は、聞き取りやすいようゆっくり話すよう心がけたいですね。
前もって聞きたいことをまとめて受け答えのシミュレーションをしておけば、いざ電話したときにも落ち着いて話せるはずです。
求人応募の電話から面接は始まっていると考え、マナーを守った丁寧な話し方を心がけ、自分を上手にアピールしてみてくださいね。


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop

医療事務・調剤事務専門求人 JIMUTEN
  • 03-6826-1302
  • お問合せご質問はこちら
  • プライバシーマーク
医療機関の方はこちら