Jimutenコラム | 医療事務&調剤事務の求人探し・転職をお考えの方は<Jimuten>にお任せ下さい!

医療事務・調剤事務専門求人 JIMUTEN

Jimutenコラム

2020年05月27日 [コラム]

医療事務で収入アップするためにできること

医療事務で収入アップするためにできること

医療事務の仕事をしている方の中には、「収入アップをしたい」と考えている方も多くいると思います。医療事務の仕事で収入を上げるには、どうすればいいのでしょうか。
ここでは、医療事務で収入アップを実現するためにできることにはどのようなものがあるかご紹介します。

資格などを取ってスキルを上げる


まず実践してもらいたいのは、資格などを取得し、自分の持っているスキルを向上させることです。

診療報酬請求事務能力認定試験や、労災事務管理士などの資格を取得することで、収入アップを見込むことができます。

また、医療に関するもの以外にも、ワードやエクセルといった、パソコンスキルを向上させるのもおすすめです。医療事務の仕事はパソコンを多く使いますので、パソコンの利用に関する資格や高いスキルを持つことは、大きな武器になります。

資格や高いスキルを持っていることで転職をする際にも有利になりますので、収入アップを実現したいという人は、まず資格取得を目指してみることをおすすめします。

管理職を目指す


大学病院や総合病院などに勤務しているのであれば、医療事務の管理職ポストに就くことで収入を大幅にアップさせられる可能性があります。
経験やスキルなどによって変わるものの、医療事務の管理職の平均年収は400〜600万円ほどです。一般的な医療事務の平均年収が300万円弱とされているので、大きな収入アップであると言えるでしょう。

大学病院や総合病院勤務の方は、管理職を目指してみることをおすすめします。

転職する


一般的に、医療事務の昇給は1年に数千円程度と言われています。管理職ではなく、一般的な医療事務として同じ職場に勤めていても、短期間で劇的に収入アップすることは難しいのです。

短期間での収入アップを実現するには、給与が現在勤めている職場よりも高い場所へ転職する必要があります。

収入アップを目的に転職するのであれば、以下のような医療機関がおすすめです。

・規模の大きな病院
大学病院や総合病院などの大型の医療機関です。ボーナスや手当が充実していることが多く、管理職を目指すこともできます。

・自由診療の医療機関
自由診療により収益が大きくなっている可能性が高く、スタッフの平均賃金が高い傾向になります。

医療事務で収入アップするためにできること

医療事務の仕事は、短期間での劇的な昇給というのがありません。しかし、スキルを磨いたり、資格を取得したりすれば、ある程度の収入アップは見込めるものです。
働き慣れた現在の職場で働き続けたいのか、それとも収入の大幅なアップを実現したいのかなど、自分の望む

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop

医療事務・調剤事務専門求人 JIMUTEN
  • 03-6826-1302
  • お問合せご質問はこちら
  • プライバシーマーク
医療機関の方はこちら